レシピ詳細

このレシピを
印刷する
メールで送る
ブログに載せる

鶏肉のバスク風トマト煮込み(フランス直輸入レシピ)

鶏肉のバスク風トマト煮込み(フランス直輸入レシピ)
このレシピを携帯で見る

材料

骨付き鶏モモ肉
4本
トマト缶(ダイス)
200g
パプリカ(みじん切り)
200g
タマネギ(薄切り)
1個
にんにくみじんぎり
小さじ1/3
オリーブオイル
30ml
塩・こしょう
適量
カイエンヌペッパー
適量

フランス本社のレシピをそのまま紹介しているため、日本では見慣れない調理法・食材など含まれている場合もありますが、ご理解ご容赦ください。

使用している製品
圧力なべ

こそげ落とすのが、フランス式!

  • 調理時間:
  • ジャンル:洋風
  • レベル:簡単

調理手順

加圧時間

<高圧 / 低圧切替タイプの場合>
【高圧10分→急冷※】
<圧力切替がないタイプの場合>
【11~12分→急冷※】

※最初は短い時間で試していただき、必要に応じて加圧・加熱時間を足して下さい。

  • 骨付き鶏モモ肉はモモとドラムスティックに切り分ける。モモは皮から骨に向かって3-4箇所ほど切り込みを入れる。
  • オリーブオイルをしき、肉の外側に色が付くまでよく炒め、肉を取り出す。
  • 野菜を入れ、200mlの水とトマト缶を入れ、へらで鍋肌に付いた焼き汁をよくこそげ落とす。
  • 残りの材料を入れる。
  • 塩、こしょう、カイエンヌペッパーで味つけし、肉を戻す。
  • 高圧で10分加圧する。

ページトップへ