[ 紅茶 ]茶葉を蒸らす温度次第で紅茶はもっとおいしくなる。日本紅茶協会認定ティーインストラクター  日本紅茶界を代表する紅茶専門家 熊崎 俊太郎

動画でもご覧いただけます

おいしい紅茶のための「決まり事」おいしい紅茶のための「決まり事」

一杯の紅茶を丁寧に淹れる。口に運ぶと、ほっとして幸せな気持ちになります。
たった数分、それだけの時間で、自分や家族、友人の心に潤いを与えてくれます。
お茶まわりのアンティークやテーブルコーディネート、お花、お菓子といったカップの外に広がる世界も、
同じ興味を持つ仲間との出会いなど心豊かな日々を演出してくれます。そんな魅力に惹かれ私は紅茶を一生の仕事に選びました。
アッサム、セイロン、ダージリン、ストレートティー、レモンティー、ミルクティー。
茶葉やタイプが違っても、おいしい紅茶を淹れるには、ちょっとした「決まり事」があります。
でも、ご安心を。
決して複雑でも難しいものでもありません。
新鮮な茶葉と水を用意して、その茶葉に適した温度のお湯で蒸らすこと。ただそれだけです。

紅茶を淹れるのに最適な温度紅茶を淹れるのに最適な温度

まずは「アプレシア エージー・プラス コントロール」を使い、お湯を沸かしましょう。
紅茶は沸騰したてのお湯で淹れるべき、という考えもありますが、高温すぎると風味を損ねる場合があり、
90~95℃というやや低めの温度で淹れた方がおいしくなる茶葉もあります。
茶葉ごとに適温はありますが、家庭で楽しむ際には茶葉本来の持ち味をバランスよく引き出し、
まろやかな味わいと香りに仕上げやすい95~100℃の高温が適温と考えていいと思います。
空気をたくさん含んだくみたての水を使い、
お湯が沸いてきたら、ポットに半分ほどお湯を移して温めておきます。
ポットが温まったら、お湯をカップに移し替えて、今度はカップや茶こしを温めておきましょう。
紅茶を口に運ぶまでの間、お湯と紅茶の温度をできる限り下げないようにする工夫です。

「ジャンピング」がおいしさのサイン「ジャンピング」がおいしさのサイン

いよいよ、温めておいたポットに茶葉を入れます。
茶葉の種類にもよりますが、カップ一杯につきティースプーン一杯が目安。
茶葉の量に合わせた量のお湯をポットに注ぎ、ふたをして静かに蒸らします。
このとき、お湯の温度が高すぎず、低すぎず、適温に沸いていれば、
茶葉に気泡がついてお湯に浮かび、同時に茶葉はゆっくりと開きながら沈むため、ポット内を上下します。
「ジャンピング」と呼ばれる現象です。
こうなれば、紅茶の色、味、香りがたっぷりと引き出されているサインです。
 あれば専用のマットやティーコゼーなどを使い、ポットを保温するのがおすすめです。
葉が大きいものは3~5分、細かい葉は2~3分ほど蒸らし、茶こしを使って最後の一滴までカップに注げば、
おいしい紅茶の出来上がりです。

紅茶名人を育てる“こだわりの温度”紅茶名人を育てる“こだわりの温度”

自分で淹れる紅茶は、たくさん飲むと口の中に渋みが残ってしまうという方は、
お湯の温度の調整が上手にできていないケースが多いように思います。
まずは、お湯の温度に気を配るクセをつけることです。
ふだんの紅茶が、きっと変わります。
沸騰させる直前の温度を感覚で判断するのは慣れていないと難しいものですが「アプレシア エージー・プラス コントロール」を使えば
ワンタッチで “こだわりの温度” を設定することができます。
毎回温度を測る面倒さをなくしてくれるので、
どなたでも気軽においしい紅茶を淹れられるようになるはずです。
とっておきの紅茶とともに豊かな時間を過ごす“紅茶名人”が増えるのであれば、これほどうれしいことはありません。

熊崎 俊太郎(くまざき しゅんたろう)

フィーユ・ブルー ティーブレンダー/ティー・コーディネーター。日本紅茶協会認定ティーインストラクター。学生時代から喫茶ビジネスに携わり、紅茶専門店、紅茶輸入商社勤務を経て独立。紅茶文化に関する講演活動の傍ら、オリジナルティーのブレンド開発・商品企画などを手掛ける。日本紅茶界を代表する紅茶専門家として注目を集め、ティーカップ一杯の中に完成するその世界観が多くの人々に感銘を与えている。

品名
アプレシア エージー・プラス コントロール 0.8L
品番
オニキスブラック:KO6208JP パールホワイト:KO6201JP
製品サイズ
幅160 x 奥行き210 x 高さ200mm
製品重量
982g
定格消費電力
1250W 100V 50-60Hz
容量
0.8L

※仕様・デザインは変更になることがあります。ご了承ください。
※本製品は日本国内でのみ使用できます。