【珈琲】上手な温度調整が美味しく淹れる最大の秘訣。 2014年度ワールドバリスタチャンピオンシップ アジア人初の世界チャンピオン 井崎英典

動画でもご覧いただけます

気軽に手軽に、家庭でもプロの味を気軽に手軽に、家庭でもプロの味を

生産から買付け、焙煎、抽出まで、珈琲はたくさんの人の情熱がつくり出す飲み物。
一杯の珈琲は世界の人々とつながっています。
その人たちとお客さんとの架け橋になるのが私たちバリスタです。
眠気覚ましに何気なく飲んでいたものを、おいしく、豆の産地もわかる一杯に変える存在。
なんていうと堅苦しいイメージですかね。
もっと自由に珈琲について考えたり語り合ったりする文化を広め、
皆さんが自分の好きな味に辿り着くきっかけになりたい。そう思っています。
布を使ったネルドリップ、気圧を利用したサイフォンなど珈琲にはさまざまな淹れ方があります。
このうち、家庭で最も気軽に “プロの味” に近づけるのが「フレンチプレス」です。
品質のよい新鮮な珈琲豆とお湯さえあれば、だれにでも手軽においしい珈琲を淹れることができます。

フレンチプレスの美味しい淹れ方フレンチプレスの美味しい淹れ方

金属のフィルターで濾すフレンチプレスは、珈琲の油分まで余すことなく抽出できるため、
香りや風味、その豆本来の味を存分に引き出す淹れ方といえます。
また、珈琲の粉の量、お湯の温度と量、抽出時間を決めておけば、いつも同じ味をつくることができます。
この再現性の高さもフレンチプレスの魅力のひとつです。
手順は、いたってシンプル。まず、珈琲の粉を入れ、95℃のお湯をプレスの半分ぐらいまで注ぎます。
一湯目はある程度勢いよく注ぐこと。うまくいくとプレスの中でガスと粉と液体の3層にきれいに分かれます。
30秒経過したら二湯目に同じく95℃のお湯を、今度は粉を踊らせないようやさしく回し入れるのがコツ。
注ぎ終えたら、ふたをして4分待ちます。
時間がきたら、つまみをゆっくりと押し下げて、カップに注ぎ切れば出来上がりです。

珈琲が真価を発揮する温度珈琲が真価を発揮する温度

必要なのは豆と水。
シンプルだからこそお湯の温度や注ぎ方といった細かいことが変わるだけで大きく味に差が出ます。
豆にもよりますがフレンチプレスで珈琲の風味を最大限に引き出せる温度は95℃前後。
それより高くても低くても味わいにハリがなくなります。
95℃を狙うのに “沸騰したお湯を火から下ろし表面が落ち着いたくらい” といいますが、これはあくまで感覚的なもの。
厳密には正確ではありません。それを解消してくれるのが「アプレシア エージー・プラス コントロール」です。
通常は温度調整の必要な95℃のお湯をワンタッチで簡単に確実に用意できるだけでなく、
常に必要な温度をキープできる保温機能を備えています。
フレンチプレスの二湯目など、いつでも95℃を使いこなせるのは、プロにとってもうれしい機能。
注ぎ口から湯の量も調整しやすく、液だれすることなく思い通りのところにお湯を落とせる使い勝手の良さも気に入りました。

美味しいコーヒーに必要ないくつかのこと美味しいコーヒーに必要ないくつかのこと

フレンチプレスに熱湯を注ぎ、器具自体を温めておくこと、カップを熱湯で温めておくことも、
珈琲をおいしく淹れるためのちょっとした秘訣。
温度の急激な変化を防ぐためです。
また、美味しい珈琲を作り続けるために「計る」ことをおすすめしています。
珈琲豆の重さ、お湯の量、時間、この3つを「計る」だけで、毎日美味しい珈琲を作り続けることができます。
最後に珈琲豆を買う時のポイントを。
「餅は餅屋に、珈琲は珈琲屋に聞け」です。
信頼できる専門店にいろいろ尋ねた方が絶対に楽しいですし、新たな世界が広がります。
珈琲は日々の暮らしにそっと溶け込み、さまざまな場面や状況で、私たちに “5分間の幸せ” を届けてくれます。
淹れ方にも飲み方にも正解はありません。いろいろ試して、自分の好きな一杯を見つけてください。

井崎 英典(いざき ひでのり)

SAMURAI COFFEE EXPERIENCE代表コンサルタント。16歳でバリスタの道を志し、2009年に(株)丸山珈琲に入社。14年度、54カ国の代表が参加したワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)にて、アジア人初の世界チャンピオンに輝く。以来珈琲を通して世界中の人々と繋がる喜びを知る。16年2月に独立し、現在は年間200日以上海外にてコンサルティングに従事。コーヒーの可能性を追求する他業種とのコラボレーションにも尽力する。

品名
アプレシア エージー・プラス コントロール 0.8L
品番
オニキスブラック:KO6208JP パールホワイト:KO6201JP
製品サイズ
幅160 x 奥行き210 x 高さ200mm
製品重量
982g
定格消費電力
1250W 100V 50-60Hz
容量
0.8L

※仕様・デザインは変更になることがあります。ご了承ください。
※本製品は日本国内でのみ使用できます。