圧力なべ ほっこり幸せ フランス家庭料理

圧力なべ ほっこり幸せ フランス家庭料理

ティファールのふるさと フランスでは、どこの家庭にも圧力なべがあります。
パリで生まれ育ったバットンさんもやはり、幼い頃のママンの圧力なべ料理をよく覚えているようです。
バットンさんのフランスでのストーリーを交えながら、フランス家庭料理をご紹介します。

家族、友人、ご近所さんとホームパーティをすることが多いフランスのホリデーシーズン。クリスマスやニューイヤーは、20〜30人とたくさんの人を招いてパーティをするので、料理の準備は2日前から始めたり、家族全員で手伝ったりします。もちろん、この時に大活躍するのが圧力なべ。普段のメニューだけでなく、パーティメニューとしても圧力なべ料理が食卓を飾ります。

フランスの冬のホリデーシーズンによく作られている家庭料理をご紹介。
美味しいフランス家庭料理とワインで、ほっこり幸せな食卓を。

テリーヌテリーヌ

ピスタチオが入った、
おばあちゃんのテリーヌ

ほんのりレバーの苦味が大人の味。赤ワインが進むこと間違いなし!
バゲットに乗せていただきましょう。
> レシピを見る

キャベツとベーコンの煮込みキャベツとベーコンの煮込み

キャベツとベーコンの煮込み

ベーコンと野菜をフォン·ド·ボーで煮込みます。ポトフとは全く違う
コクのあるスープが絶妙!パーティの主役はこれで決まり
> レシピを見る

シャルキュトリ (Charcuterie) とは食肉加工品全般の総称。生ハム、ソーセージ、サラミやパテ、テリーヌ、リエットなどがあります。アペロやアントレでいただき、フランスではとてもポピュラー。お肉屋さんで買うことが多いですが、ホームパーティの時はテリーヌやパテを手作りすることも。手作りの味は、もちろん格別です!

シャルキュトリを詳しく知りたい方はこちら
> 日本シャルキュトリ協会ホームページ

 

片手でカンタンに開閉でき、軽くて使い勝手のよい圧力なべ「クリプソ ミニット」シリーズ。
タイマー付きの「クリプソ ミニット パーフェクト」なら、
火加減調節のタイミングを教えてくれるから初心者さんでも安心です。

ページトップへ