味覚の一週間 × T-fal

2015年の味覚の一週間開催期間
25年以上にわたり、フランスで開催されている
味覚の教育活動「味覚の一週間」®。
ティファールは初年度から本イベントをサポート、
日本では5年目となった今年の様子をレポートします!

2015年の味覚の一週間開催期間

食のプロフェッショナルであるシェフやパティシエ、生産者達が子供たちに味の基本や五感を使って食べる大切さを教える体験型学習を全国の小学校で開催しました。

5味をバランスよく取り入れ、食材を無駄にしないお弁当レシピを世界から募集。ファイナリストのティファール製品を使っての実技審査は熱いバトルとなりました。

様々な味覚体験ができるイベントを全国各地で開催。今年は「地球にやさしくたべよう」をテーマに、BENTOコンクール、マルシェ、調理専門学校でのシンポジウム及びデモンストレーションを開催しました。

自国の食文化を守ろう!と、25年以上にわたってフランスで実施されており、今や国を挙げた「食育」へと成長した「味覚の一週間」®。2011年度から日本でも本格的に開催されました。この「味覚の一週間」®では、日本各地の小学校やレストランなどで、「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」の4つの味覚と、日本独自の5つめの味覚「うまみ」について体験できる様々なイベントを開催。次世代の文化を担う子供たちや、その子供たちを育てる親御さんに、「味覚の一週間」®を通じて、味わうことの大切さや食の楽しみを実感していただきました。

ページトップへ