T-fal イベントレポート

味覚の一週間×T-fal

  • ブーランジェリーを使った「味覚のアトリエ」
  • 三國シェフによる楽しく美味しい「味覚の授業」
  • 美食の国から来た味覚教育「味覚のアトリエ@駒場」

10月24日(月)、フランスから来日した三ツ星シェフ クリスチャン・ル スケールシェフと、三國シェフによる子どもたちのための「味覚の特別授業」が開催されました。食のプロフェッショナルによる「味覚の授業」を通じて、子どもたちに「味覚」と向き合い、「食」への関心を高めてもらうのが目的です。

  • 「味覚は人生であり、生活に欠かせないもの。そして、親から伝えてもらうもの。」(クリスチャン・ル スケールシェフ)
  • 「食という字は「人」に「良い」と書きます。良い食事は人をより良くします。大切に考えていきたいですね。」(三國シェフ)

たべものにはどんな味があるのかな?

「味覚の授業」で子どもたちは、食べ物には「しょっぱい」「すっぱい」「苦い」「甘い」の4つの味があることを学びます。今回は、ブルターニュの天然塩、赤ワインビネガー、カカオ分の高いビターチョコ、ブラウンシュガーの4つを味わいました。色や匂い、手触り・歯ごたえなど、舌だけではなく五感を使って体験しました。

Leçons de Goût(ルソン・ドゥ・グゥ) 「味覚の授業」スタート!

小さなかわいらしいシェフたちが、二人のシェフと甘いクレープ作りに挑戦です。二人のシェフが焼き方のお手本を見せて、さぁ、子どもたちの番です。
ティファールのフライパンはふっ素樹脂加工でくっつきにくいので、子どもたちでも安心して使えました。「お知らせマーク」で温度をフライパンが教えてくれるのもいいところ。
最初はおっかなびっくりだったのに、上手にできたら、みんなとてもうれしい笑顔になっていました。

こんなに楽しくて簡単なのに美味しかった!また作りたいね!

小さなかわいらしいシェフたちが、二人のシェフと甘いクレープ作りに挑戦です。二人のシェフが焼き方のお手本を見せて、さぁ、子どもたちの番です。
ティファールのフライパンはふっ素樹脂加工でくっつきにくいので、子どもたちでも安心して使えました。「お知らせマーク」で温度をフライパンが教えてくれるのもいいところ。
最初はおっかなびっくりだったのに、上手にできたら、みんなとてもうれしい笑顔になっていました。

Diploma「修了証書」をもらって授業終了

最後に、ル スケールシェフと、三國シェフのサインが入ったDiploma「修了証書」をもらって、今回の「味覚の授業」は修了。「味覚を子どもに伝えるのは親」。次は、ご家庭でもお子様と味覚を楽しむ機会を持たれてみてはいかがでしょう。大人にも、きっと新しい発見があるはずですよ!

  • ブーランジェリーを使った「味覚のアトリエ」
  • 三國シェフによる楽しく美味しい「味覚の授業」
  • 美食の国から来た味覚教育「味覚のアトリエ@駒場」

ページトップへ